Js-TT(JAVA版)始めます

先日、忘年会の二次会で伊勢佐木町に行ったのですが、駅前通りをHGとメイドさんのコスプレした人が闊歩していました…
やっぱり横浜は怖い凄い町だと思った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

……

それはともかく、Js-TTのJAVA版、少しづつ作り始めています。

操作や表示方法とかは、javascript版を継承する方向で考えています。
他のNextTrain互換アプリと決定的に異なるのは、「Js-TTファイルをそのまま読み込む」仕様となっていることです。

◆ メリット(ほぼ作り手側の都合ですが…)

  • 今まで使用していたJs-TTファイルをそのまま使用できる(でも、バージョンアップは必須)
  • 表示イメージがWeb上で確認できる
  • 文字コード・改行コードが統一されている
  • 必要な情報が一つのファイル内に含まれている
  • Javaアプリ側で時刻表や祝日データのメンテナンス画面を作る必要が無い(Web上で全て操作できるので、アプリ側での操作は不要、というか不可)

◆ デメリット

  • NextTrain互換と言っておきながら専用ファイルを作らせるのはどうかと…

本家NextTrainのように特定ディレクトリ下にある時刻表ファイルを読み込んで表示する方法も考えたのですが、いろいろ大変そうだったので止めてしまいました。

まあ、純粋に本家NextTrain互換のアプリは、どこかの誰かが作ってくれると思うので、いいんじゃないかと(他力本願)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。