アプリ配布サイトのWiki化

Wikiを使ってアプリ配布サイトを構築してみました。
別に確固たる理由がある訳ではなく、前々から楽しそうだと思っていたのが理由です。
それに、HTMLをエディタで手打ちするのもいい加減面倒だし、かといってわざわざホームページビルダーみたいなのを使うほどのものでもないし。

始めは無料のWikiサービスを使おうと思っていたのですが、Perlで動作して、しかも標準モジュール不要のFreeStyleWikiLiteというのがあったので、これを使うことにしました。(まるで@niftyの為にあるような)

導入自体はものすごく簡単です。Ver 0.0.11の場合は。それ以前のバージョンではそれなりに苦労があったようですが。
以下の@nifty特有のことさえ気を付ければ、問題なく導入できるはずです。

  1. テーマファイル(フォルダtheme)はhomepageディレクトリ内に格納する
  2. すべてのCGIスクリプトの一行目を"#!/usr/local/bin/perl"に書き換える

で、新しいアプリ配布サイトは以下のリンク先になります。
http://hpcgi3.nifty.com/ahashimo/fswiki/wiki.cgi

まだ、WX310SAでの表示が見づらいので、解決までは既存の配布サイトを残しておきますが、そのうちすべてWikiに集約するつもりです。

それではHave a nice day!!

アプリ配布サイトのWiki化” への3件のコメント

  1. 何かの報告などは、どこに書き込むのがいいですか?
    1.こちらのblogへコメント
    2.Wikiのアプリのページへコメント
    3.Wikiから行ける掲示板に投稿

  2. 悩ましいところなのですが、アプリのページへのコメントが適当かと思います。
    役割分担は以下の通りです。
    1.blogのコメント欄
     -> blog書き込みへのコメント、ツッコミ
    2.Wikiのアプリのページへコメント欄
     -> アプリの不具合・感想報告
    3.Wikiの掲示板
     -> プラットフォーム共通の話題、Wikiの話題など
    まぁ、迷ったときはblogにコメントつけて頂ければOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。