BPNote機能説明

入力

朝晩の血圧・脈拍、体重、服薬有無、メモを記録する画面です。
アプリ起動時に当日の血圧記録入力画面を表示します。

血圧・脈拍

朝の記録を入力する場合は一段目のフィールドをタップ、晩の記録を入力する場合は二段目のフィールドをタップして下さい。血圧・脈拍入力画面が表示されます。
測定値の入力後に左上のボタンを押すと、測定値がiPhoneに記録され上の画面に戻ります。
血圧・脈拍は、安静な状態で、毎日できるだけ同じ時間に測定すると、より正確な記録を取ることができます。

体重

朝の記録を入力する場合は三段目のフィールドをタップして下さい。体重入力画面が表示されます。
測定値の入力後に左上のボタンを押すと、測定値がiPhoneに記録され上の画面に戻ります。
体重は、管理が必要な場合のみ入力してください。

服薬

薬を飲んだ後に四段目の「済み」セグメントをタップしてください。
服薬の状態は、治療などの理由により医師から服薬を指示されている場合のみ入力してください。

メモ

五段目のメモフィールドをタップすると、メモ入力画面が表示されます。
メモの入力後に左上のボタンを押すと、測定値がiPhoneに記録され上の画面に戻ります。
メモは140文字まで入力できます。 メモフィールドには、以下の内容などを入力するとよいでしょう。

  • 服薬開始・服薬量の変化
  • 一日の塩分摂取量
  • めまい・頭痛などの身体的異常
  • 生活環境の変化

日区切り

BPNoteでは日付の区切りをAM3:00に設定しています。
深夜0:00~午前3:00の間に起動した場合は、先日の入力画面を表示します。
この状態で▽ボタンを押すと、今日の画面を表示することができます。

カレンダー

血圧・メモの記録状態、降圧目標値との比較結果をカレンダ表示します。
入力画面上、左上のボタンをタップするとこの画面が表示されます。

カレンダ表示部

画面上半分には、カレンダを表示します。
カレンダー画面を上下にスクロールすることで、過去の記録を参照することができます。
画面上の日付をタップすると、タップした日付を選択できます。選択日は背景色が緑色ら変わります。
選択日を変更した状態で左上の「戻る」ボタンをタップすると、選択日の記録の入力・変更ができます。
それぞれの日付には、血圧・メモの記録状態をアイコンで表示しています。
青いアイコンは、最高血圧・最低血圧ともに降圧目標値以下を、赤いアイコンは、いずれか一方、または両方が降圧目標値を上回っていることを示します。
また、メモを記録している日付には鉛筆マークのアイコンを表示します。

記録表示部

画面下半分は、選択した日の記録を表示します。

グラフ

登録した血圧、脈拍、体重の記録をグラフ表示する画面です。 画面下「グラフ」タブをタップするとこの画面が表示されます。

項目 表示色 単位
最高血圧 mmHg
最低血圧 mmHg
脈拍 拍/分
体重 Kg

1週間グラフ

1画面に1週間分の記録をグラフ表示します。
1週間以上の記録が登録されている場合は、グラフ表示部をスクロールして過去の表示を参照することができます。

3ヶ月グラフ

1画面に3ヶ月分の記録をグラフ表示します。
このグラフは、1週間ごとの平均値をプロットします。 3ヶ月以上の記録が登録されている場合は、グラフ表示部をスクロールして過去の表示を参照することができます。

1年グラフ(通常版のみ)

1画面に1年分の記録をグラフ表示します。
このグラフは、1ヶ月ごとの平均値をプロットします。 1年以上の記録が登録されている場合は、グラフ表示部をスクロールして過去の表示を参照することができます。

分布図

指定期間(1週間、3ヶ月、1年(通常版のみ))の血圧値の分類を示す分布図を表示するグラフです。
画面下「分布図」タブをタップするとこの画面が表示されます。
最高血圧をY座標、最低血圧をX座標として、起床時に測定した血圧値を赤点、就寝前に測定した血圧値を青点でプロットします。
青いエリアにプロットされた場合は正常、赤いエリアにプロットされた場合は高血圧と容易に判定できます。

レポート

指定期間(1週間、3ヶ月、1年(通常版のみ)、先月)の記録の統計値を表示する画面です。
画面下「レポート」タブをタップするとこの画面が表示されます。

平均値

指定期間の登録値の平均値を表示します。
血圧値は朝晩それぞれ別に計算した値を表示します。

最大値

指定期間の登録値の最大値を表示します。

変化量

指定期間の登録値の変化量を表示します。
変化量は測定値を直線近似することで求めています。
具体的には以下の様になります。

該当期間の測定値を元に、最小二乗法により標本回帰直線を求める
求めた直線の傾き(xの係数)×日数を変化量として表示

誤差の検定などは行っていないので、あくまで参考値です。
血圧が不安定な場合は大きめな値になるようです。
単純に、プラスだったら増えた、マイナスだったら減った、ぐらいで解釈してもらえれば十分だと思います。

変化量を精度よく計算するためには、ある程度の件数のデータが必要となります。
そのため、BPNoteでは、各項目の測定値が7件以上ある場合のみ、変化量の表示を行うようにしています。

ME差

朝の最高血圧の測定値と晩の最高血圧の測定値の差を表示します。
朝晩それぞれの血圧測定値が7件を超えている場合のみ、ME差を表示します。

服薬回数

記録を始めた日からの服薬回数を表示します。
表示フォーマットは以下の通りです。
服薬回数 / 記録開始からの日数

レポートメール送信

右上のメールアイコンのボタンをタップすると、現在表示している統計情報、および指定期間の測定値をメールで送信します。
利用者の名前、および送信先のメールアドレスを後述の設定画面で設定する必要があります。

レポートメールの例を以下に示します。

hazelさんの血圧記録レポートを通知します。
* 期間
2009年8月20日 - 2009年9月19日

* 平均値
血圧(朝)  122.9 / 85.1 (mmHg)
血圧(晩)  118.4 / 77.7 (mmHg)
脈拍  69.8 (拍/分)
体重  60.0 (Kg)

* 最大値
血圧  136 / 94 (mmHg)
脈拍  81 (拍/分)
体重  60.6 (Kg)

* 変化量
最高血圧  -1.70 (mmHg)
最低血圧  +2.10 (mmHg)
脈拍  -4.96 (拍/分)
体重  +0.16 (Kg)

* その他
ME差  4.5 (mmHg)
服薬回数  31 / 31 (回)

設定

各種ユーザ設定、およびデータの管理を行う画面です。
画面下「設定」タブをタップするとこの画面が表示されます。

BPNote設定画面

名前設定

測定対象者の名前を設定します。 この設定値はレポートメール送信時に使用されます。

送信先メールアドレス設定

レポート、血圧記録のメール送信先アドレスを設定します。

降圧目標値

降圧目標値を設定します。
設定値は「高血圧治療ガイドライン2009(JSH 2009)」に準拠します。

年齢・病態 目標値
若年・中年 130/85(mmHg)未満
高齢者 140/90(mmHg)未満
糖尿病患者 130/80(mmHg)未満
慢性腎臓病患者 130/80(mmHg)未満
心筋梗塞後患者 130/80(mmHg)未満
脳血管障害患者 140/90(mmHg)未満

体重単位

体重の単位を「Kg」または「lbs」のいずれかに設定します。

小数点以下桁数

体重の小数点以下桁数を「1桁(0.1)」または「2桁(0.01)」いずれかに設定します。

CSV出力文字コード

レポートなどのCSV出力データの文字コードを「Shift-JIS」または「UTF-8」いずれかに設定します。

Bluetooth機器対応

ONにすると、Bluetooth血圧計・体組成計による測定値の入力を有効にします。

血圧記録をメールで送信

すべて(Lite版は3ヶ月分)の血圧記録をメールで送信します。
血圧記録は以下のフォーマットの添付ファイルにて送信します。
この機能はエクスポート機能に相当します。

血圧記録例

日付,測定時間(朝),最高血圧(朝),最低血圧(朝),脈拍(朝),測定時間(晩),最高血圧(晩),最低血圧(晩),脈拍(晩),体重,服薬,メモ
2009/10/17,09:56,122,79,67,22:11,122,78,78,60.0,有,""
2009/10/18,06:20,124,85,76,22:25,109,68,71,60.0,有,""
2009/10/19,07:05,132,88,68,21:46,114,76,75,60.0,有,""
2009/10/20,06:39,126,81,74,,,,,60.2,有,""

2009/11/13,08:03,131,83,74,24:38,123,80,75,59.4,有,""
2009/11/14,11:01,125,88,70,,,,,59.8,有,"発熱 39.0℃"
2009/11/15,10:44,124,83,82,23:52,125,73,93,59.8,有,""
2009/11/16,08:46,119,78,80,,,,,59.6,有,""

有料版にデータを移行 (Lite版、iOS4.0以降のみ)

Lite版で記録した測定データを有料版(通常版)のBPNoteに移行します。

Dropbox連携機能

以下リンク先を参照して下さい。
Dropbox連携機能 

Google DocumentCSVデータ出力機能

血圧記録をGoogle Document上にアップロードします。

Google Document同期機能

血圧記録をGoogle Document上にアップロードします。
また、Googleドキュメントに登録した血圧記録を取り込むこともできます。
詳細な説明は現在作成中です。

血圧記録をPCから取り込む(通常版のみ)

PCからWebブラウザ経由でiPhoneに血圧記録を取り込みます。
この機能はインポート機能に該当します。
機能の詳細は[[こちら|BPNote/インポート]]から。

バージョン情報

このアプリのバージョン情報を表示します。

BPNote機能説明” への1件のコメント

  1. ピンバック: 健康管理は行ってますか?家族の健康を管理するためのツール5選|KURASHIRU

コメントは受け付けていません。